top of page
  • 執筆者の写真本社staff-k

ブロッコリーの驚くべき力:自閉症に効果的?ってほんと?

更新日:3月26日

先日テレビを観ていたら、ブロッコリーが指定野菜に追加された。

というニュースが。


なんでも追加されるのは52年ぶりらしいです。

そのニュースもあってか今一番注目度の高い野菜じゃないでしょうか。


ブロッコリー

ブロッコリーといえば、体を鍛えている方が必ず食べている野菜というイメージ?

大谷選手がとにかく山盛りのブロッコリーを食べていた・・・

という噂もテレビで観たことがあります(笑。

(本当かどうかわかりません💦)


でもブロッコリーってやっぱり我が家でも常に買う野菜の1つですね。

それとブロッコリースプラウトも我が家の冷蔵庫には必ずあります^^


ブロッコリーはビタミンC、カリウム、食物繊維、抗酸化物質など、数多くの栄養素を豊富に含んでいるのでとても栄養がある野菜なんです。


たくさんの栄養素がある野菜なら、体にいいこと間違いなしなんですが、

もしかしたら障害を持つ方にもいい栄養効果が期待できるのでは?

と思ったんです。


そしてネットをチェックしていたら・・・とても興味深い記事がありました。

以下ネットより抜粋させていただいています。

ブロッコリースプラウトの写真

 

 ブロッコリースプラウトに多く含まれる「スルフォラファン」に、自閉症スペクトラム障害(以下、ASD)の症状を改善する効果があることが、ASD患者を対象とした臨床試験で確認されたそうです。

この研究は、ジョンズ・ホプキンス大学とマサチューセッツ総合病院の研究チームらによるもので、2014年10月13日に米国科学アカデミーの機関誌PNASに発表されました。

2014年とは10年も前に発表されたことなんですね!!

 


ブロッコリースプラウトとはブロッコリーが大きく育つ前のものです(↑写真参照)

カイワレ大根と似ていますが、苦味もなくとても食べやすい菜野菜ですよ^^


もちろん、障害とブロッコリーの関係はまだまだ研究段階であり、絶対的なものでは

ありませんが、とてもいい方向で可能性を感じました。


自閉症が治るわけではありません。ですが、症状を改善してくれる効果があったと言う

研究結果は、嬉しいですよね!これから先どんどん研究してもらいたいです



もちろん栄養価の高い食べ物は障害のありなしに限らず、子供の成長には欠かせないものなので子育て中のお母さんにも嬉しい情報だと思います。



余談ですが、これもまた私は知った時に驚きだったんですが、

ブロッコリーは なんと 茎部分の方が栄養価が高いそうですよ



ごっそり捨てちゃってましたが、茎もどうにかして食べたいですね。

細かく刻もうかな・・・笑


いかがでしょうか? バランスの取れた食事って言われても、家事や育児に追われていると、なかなかバランスまで毎食考えるのは難しいかもしれません。実際私には難しい問題です。

バランスを考えたいんですけどね。。。


ですが、そんな時にブロッコリーを取り入れることで、新しい健康への一歩を踏み出せるかもしれませんね。



我が家の食卓には以前よりも増してブロッコリーとブロッコリースプラウトが登場することになったのは言うまでもありません(笑




#ブロッコリーの栄養

#自閉症





閲覧数:474回0件のコメント

Comments


bottom of page