top of page
  • 執筆者の写真本社staff-k

発達障がいのある子供の将来は?仕事って就けるの?

更新日:7月6日


発達障がいを持つ子供は将来どんな仕事が向いているのか?

子供の将来はとても気になるところだと思います



色々な職業のイラスト

個々の特性や興味に大きく左右されるし

基本的には、やはり興味があることが大切だと思うんです。


人それぞれの考えがあるかもしれませんが、個人的な意見として参考程度に

読み進めていただけると嬉しいです。


障害の有無に限らず、仕事を続ける上で、全く興味のない仕事に就くのと

少なからず興味がある仕事に就くのでは、自身のモチベーションにも関わりますし

継続できるか?という部分にも大きく関わります。




以下に、障害の特性から、こんな仕事はどうですか?

という職種をまとめています。興味があるものはありますか?




自閉スペクトラム症(ASD

おすすめの職種

 

 ◯IT関連職(プログラマーなど)

  • 理由: 論理的思考やパターン認識に優れ、細部に注意を払う能力が求められる仕事が適しています。静かな環境で集中して働くことができるため、ASDの特性に合う場合が多いのでは?

  インターネットが盛んな現代なので好きな方も多いでしょう


 ◯研究職(科学者、エンジニアなど)

  • 理由: 専門分野に深く集中できる仕事が適しています。細部へのこだわりや独自の視点が活かされる職種です。

  自分の信念に基づいて納得できるまで突き進む探究心のある特性が活かされるのでは?


 ○アート・デザイン関連職(グラフィックデザイナー、イラストレーターなど)

  • 理由: 創造力や視覚的思考に優れた人が多く、自分のペースで作業できる環境が整っています。

  他の人には想像もできないような発想力を持つ特性で活躍できるのでは?

  芸能関係などもいいですよね!



注意欠陥・多動性障害(ADHD)


おすすめの職種

 

 ◯クリエイティブ職(ライター、マーケティング、クリエイティブディレクターなど)

  • 理由: 多様なアイデアを生み出すことができて 自由な発想が求められる環境で活躍やすいのでは?

  行動力が活かせますね



 ◯営業職

  • 理由: 社交性が高く、エネルギッシュな性格を活かして多くの人と接する機会がある職種です


 ◯イベントプランナー

  • 理由: 多様なタスクを同時にこなす能力が求められ、動き回ることが多いので特性を活かせるのでは?


学習障害(LD)


おすすめの職種


 ◯技術職(エンジニア、テクニシャンなど)

  • 理由: 手を動かす作業や実践的な仕事が得意な場合が多く、視覚や触覚を活かせそうです。


 ◯アート・クラフト関連職(アーティスト、手工芸家など)

  • 理由: 視覚的な思考や創造力を活かせ、文字情報よりも視覚的情報を扱う仕事が向いているかもしれません


 ◯料理人、シェフ

  • 理由: 実践的なスキルが求められ、視覚や触覚を活かせそうです。


色々な職業のイラスト

















発達障がいを持つ子はどんな仕事が向いているのか?いかがでしょうか?



あくまで参考になりますので、

興味があったらチャレンジしてみてください!


発達障がいの特性に合った職種を選ぶことで、能力を最大限に活かし、充実した職業生活を送ることができます。

適切なサポートと理解のある職場環境が整っていることも重要ですね。



発達障がいの子供の就労支援制度を上手に活用してください!


自分自身の特性や興味があるか?というところから自分に合った職種を見つけて

みてくださいね。また先にご案内しました支援制度を利用して、自分に合う仕事はどんな職種なのか?サポートしてくれる支援先に一緒に考えてもらうのもいいですね


楽しくみんなが働きやすい職場を社会全体で作っていきたいですね。


以下関連記事に、就労支援施設についての記事がありますのでそちらも

参考に読み進めていただけると嬉しいです。


閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page