top of page
  • 執筆者の写真本社staff-k

未来を切り拓く自由な学びの場「フリースクール」の魅力とは?

更新日:5月4日


「フリースクール」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

不登校支援の一形態として今、注目されています。


フリースクールは、不登校の子供たちに対して、学校とは異なるアプローチで教育や支援を提供する施設です。

日本の伝統的な、いわゆる一般的と言われる学校システムに適応しづらい子供たちにとって、新たな学びの場として大きな意義を持っています。


色々な学び方のイラスト


フリースクールは、通常の学校とは異なり、カリキュラムや授業形式が柔軟であり、個々の子供のニーズや興味に合わせて学びを提供するものです。


フリースクールの特徴やメリットについて情報収集をしているところなので基本的なものになってしまいますが、


まず、自己決定や自己責任の行動に重きを置いているという特徴があるようです。

子供たちは自分の興味や関心に基づいて学ぶことができる反面、自分の学び方を自分で決めるんですね。


なんだか言葉で書くと普通の学校より難しい?印象がありますが、簡単にいうと

自分の興味があることは自分自身で何でも決めるということです。


自分で決めて、自分で行動することで、自己肯定感や「自分ならできる」、「きっとうまくいく」という感覚を高めることができますよね!



また多くの子供が通う公立の小中学校よりも小規模なクラスやグループで学ぶことができるのも特徴の1つです。


教師が児童一人ひとりのニーズを理解し、個別に対応することが可能です。

これにより、子供たちはより深い学びを経験し、自らの能力を発揮する機会を得ることができます。



さらに、フリースクールでは非形式的な学びや体験型の学習が重視されるので、教室内だけでなく、屋外やコミュニティでの学びが積極的に取り入れられます。


子供たちは実践的なスキルや知識を身につけるだけでなく、自然体験や社会的な経験を通じて成長することができるんですね。


色々な学習方法


フリースクールは不登校の子供たちにとって、新たな学びの場や支援のより所となることが期待されています。不登校支援の一環として、フリースクールがさらに普及し、多様な教育の選択肢が提供されることを願っています。


今後色々な情報を得た都度情報発信していきたいと思います。

下記に興味深いフリースクールをいくつか載せていますので、気になる方はぜひ

クリックしてみてくださいね




 

*参考


全国のフリースクール】オンラインに加えて、対面の施設の案内

大人も子供も一緒に問題は子どもの不登校ではなく、大人の無理解というコンセプト

メタバース空間での施設】FAMcampusは文部科学省と不登校支援の実験検証済みのサイト

男子寮完備の伊藤幸弘塾】30年の実績と国会「青少年問題特別委員会」に参考

としてアドバイス


#フリースクール

#不登校支援

#子供の不登校

閲覧数:13回0件のコメント

Comentarios


bottom of page