top of page
  • 執筆者の写真倉方利昌

知ってますか?発達障害啓発週間



こんにちは、倉方です。


4月2日~8日の期間に、全国各地の建物が青色にライトアップされたり、

青い色を身に付けた方がその周辺に集まり活動をする機会があるのですが


なんだかご存じですか?


世界自閉症啓発デーのイラスト


これは

『発達障害啓発週間』(4月2~8日迄の期間)といい


2007年の国連総会において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われているんですが、わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について広く啓発する活動を行っており、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンボジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っているんです。


過去の活動取り組みイメージ<NPO法人あっとオーティズム | 世界自閉症啓発デー(発達障害啓発週間)サイト>




世界の国々が賛同し、各地のランドマークが「癒し」や「希望」や「おだやかさ」を表すブルーでライトアップされます。これは、ブルーに照らされることで自閉症の理解促進、応援のためのメッセージの発信のためです。


 日本では“世界自閉症啓発デー・日本実行委員会”が組織され、

『発達障害啓発週間』(「世界自閉症啓発デー」の4月2~8日)

として、自閉症をはじめとする“発達障害”について、広く理解してもらうために、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。


今年の4月は、『青い物』を身に付けて、最近よく聞く『多様性(=ダイバーシティ)』(ある集団の中で特徴・特性を持つ人達もその集団の中で、違いを認め合い、尊重し合いながら存在すること)等について考えてみませんか。



私もチャリティTシャツ↓を購入してみました(手に持ってるものは関係ありません汗)


世界自閉症啓発デーのチャリティTシャツを着て



世界自閉症啓発デー・日本実行委員会

<公式サイト内、日本各地の2024年取り組み情報>


ライトイットアップブルー所沢2024


ライトイットアップブルー川越2024



(参考)

自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。

〈世界自閉症啓発デー日本実行委委員会より〉


#世界自閉症啓発デー

#発達障害啓発週間




閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page