top of page
  • 執筆者の写真倉方利昌

子どもたちと観た映画

更新日:1 日前

新年あけましておめでとうございます。


代表の倉方です。


先日、昼間に『ゴジラ-1.0』を観に行ってきました。


隣で、今流行りのアニメ映画もやっており、

家族内(妻と小学生の子供2人)で若干の温度差があったかも知れませんが、

少なくとも私は目を輝かせて、久々の映画鑑賞でした。



内容は・・・文句なしの◎。


作り手の方々の初期ゴジラ映画への愛情が感じられる作りでしたし、

怪獣のバトルものにしなかった事が好印象✨。


ゴジラ自体も、恐怖の象徴であり根源として、とても怖く描かれていたのですが、

見終えた後には、計り知れない愛着を感じてしまいました。


ゴジラ、かっこいいし、かわいい!



上の子どもは、ストーリーに涙していたし、

下の子は、ゴジラのテーマ曲をずーっと口ずさんでいました。



子どもと、子どもの時分に戻ったつもりの自分が、同じ作品を共有してそれぞれ何か持ち帰ることの出来た、そんな良作映画でした。




“世界”に対して胸を張って言いたい!


これぞ Made in JAPAN!!





なる世界的な大ヒットを、心より応援しております。


今頃、家で休み中の子ども達を、親に代わって


パンフレット内のゴジラが、


見張り・見守ってくれているはずです。

bottom of page